» 2012 » 6月のブログ記事

6月10日頃から色紙を使用して『うめ』『やまぶき』の利用者様が協力して模造紙1枚に『紫陽花』を作成しました。花弁は水色・紫色の色紙で、葉っぱは緑色の色紙です。葉っぱには雨蛙も・・・『うめ』ユニット入り口に飾っております。職員も先月の東京スカイツリーと紫陽花を作成し『やまぶき』の飾り棚に展示しております。面会の際には是非満開の紫陽花をご覧下さい。 ~うめ・やまぶき~

http://www.asukakai.or.jp/

 

 

 

 

 

平成24年6月21日、防災訓練を行いました。主とした参加者は今春以降の新入職者です。『火災報知器が作動したら?』『夜間だったら?』を念頭に火災報知機を作動させて、火災報知器・火災表示板(主:2階事務所、副:各階サービスステーション)・放送機器などを見て、触って頂きました。日中であれば多い時間帯で60人程度の職員が居ますが、夜間は6人です。6人で100人の利用者様の命を災害から守ることが如何に大変なことか。今回の訓練・勉強会の内容を十分把握して、いま災害が起きたらどう動くのかを個人で、各部署で考える時間を持っていただきました。秋の防災訓練では消防署職員の立会いのもとに避難訓練を行います。分科会では災害が起きても職員が的確に動けるように、これからも訓練・勉強会を定期的に行って行きます。 ~防災・備品・施設管理分科会

 

 

 

 

http://www.asukakai.or.jp/

 

 

ご報告遅れてしまい申し訳ございません。

さくら・わらびユニットでは先週の月曜日にお好み焼きを皆さんで作って、召し上がっていただきました。

午前中は、お好み焼きの下ごしらえをしました。包丁でキャベツやネギをざっくりザクザク切って頂きました。女性の利用者様方は家事をされていた頃を思い出し、目が輝いておられました。

                                                                                昼食後、すぐにおやつで作って頂くお好み焼きの、生地づくりに取り組んで頂きました。

ボールに卵を入れて、混ぜてもらい、少しずつお水を足して混ぜ混ぜ。。。

水加減や生地の具合も皆さんに確認して頂きます。キャベツ・天かす・紅ショウガを投入。

お肉は、あら刻み食の利用者様方にも召し上がりやすいように、ミンチ肉にしてみました。

 

だんだんと量が増え、利用者様方では混ぜる力が少し足りない様子。。。

そこで、職員に交代!

男性職員が最後の仕上げに力を込めて混ぜます!。「美味しくなれよ~」と呪文をかけながら。

生地が出来れば、美味しく焼き上げます。ホットプレートのお好み焼きにしたので、皆さんで頑張ってひっくり返して頂きました。『よっこいしょ』っと!

いい感じに焼き上げれば、ソースを塗って、かつおをかけて、青のりもパラパラ。。。

 

 

 

出来たての関西のお好み焼きを口いっぱいにほおばっておられました。

昼食も食べた後なのに、お好み焼きを2枚も召し上がってくださった方も!

じめじめ蒸し暑い、いや~なこの季節。体調を崩される利用者様もおられましたが、皆様、「美味し~い」と喜んでくださっていたので、ホッとしました。

これからも、夏の暑さに負けないように楽しいレクリエーションを提供していきたいと思います。

そして、早速!明日はミルクレープを作ります☆

また、ブログに載せますネ!

☆さくら・わらびユニットより☆http://www.asukakai.or.jp

まずは和紙を思い思いに染めていただきました。

「手に力がないから無理」「手が震えてるんです」「手がしびれてますねん」

等言われていた方達も、染め始めると、

「ちょっとここが薄いね」「綺麗やわー」と次々と仕上がりました。

                                                                                                             

次に、染めた和紙を小さく四角にちぎり、アジサイの

小さな花を一つ一つ時間をかけて折りあげました。

微妙に濃淡がつき、一つとして同じ模様の花がなく、

多少ゆがんだ花も味になりました。

 

 

 

 

仕上がった時には、99歳の利用者様も拍手をして

                              「いやー、綺麗やわー」と大喜びされました。

 雨や台風で、ジメジメした季節ですが、ユニットに咲いたアジサイを眺めて癒されています。

    ~かきつばた・ぬばたまユニットより~http://www.asukakai.or.jp

 

こんにちは。まだまだ六月だというのに、毎日暑いですね!だんだんと日本の四季がなくなってきているように感じますね。熱中症も心配だけど電気代も心配です。さて、凹んでばかりもいられません。【はぎあかね】では季節の移ろいを皆さんに感じていただく為に、月ごとの華を作成しています。写真は少し前のものですが、植木鉢」と五月のあやめを作成しているところです。

赤と黒の紙粘土を混ぜて茶色い土を作ります。皆さん童心に返られたようで「気持ちいいわあ」と楽しそうに丸めて下さいました。出来上がった土をコップに入れて、植木鉢の模様を選んでいただきます。いろいろと思い入れがあるようで、終始笑顔が絶えませんでした。

 

次に色とりどりの菖蒲の中から、お好きなものを五本選んでいただきます。一人ひとりに個性があるように、お好きな色も十人十色です。同じ色ばかり選ぶ方。バランスよく選ぶ方、争うことはせずに互いに譲り合う方、拝見していて、とても心が和みました。        

選んだ菖蒲を植木鉢に指していきます。

 

 

 

 

 完成です。色とりどりの菖蒲がテーブルの上を華やかにしています。皆さん、満足げ

な表情です。私達職員には皆さんの笑顔の方が、もっと素敵に感じます。

                

出来上がった植木鉢は【はぎあかね】の廊下においています。出来るだけ、その季節の花を飾ろうと利用者の方々と日々奮闘しています。今は六月なので紫陽花、来月には朝顔を飾ります。ご面会などで、来所された折には、どうぞ【はぎあかね】まで、足をお運びください。季節の花が皆様をお迎えいたします。

 はぎあかね職員http://www.asukakai.or.jp

6月に入り近畿地方も梅雨入りしました。その影響か、今年は雨・曇りの日が多くどんよりと暗くなりがちです。そんな日々だからこそ明るく元気に室内で皆様で楽しめるように努めています。 最近では利用者様とトランプ大会やボウリングにて頭と身体の運動をメインに行っています。特にトランプ大会では皆様気合が入っており見学されていた利用者様も参加されるなど日に日に参加者が増えています。 (^ー^)

                   

 

さて頭を動かしたところで今度は身体を動かしていただきます。

 

皆様パーフェクト目指して一生懸命ボールを投げられます。投げ終わった皆様は他の利用者様を応援します。最後にその日に1番多く倒した方を発表しますが、皆様に拍手され照れくさそうでした。

ちなみに今回の1番はSさんとKさんのお二方でした。(おめでとうございます^^)

このように皆様元気に頭と身体の運動をされています。

かきつばた・ぬばたま職員一同 http://www.asukakai.or.jp

最近、ずいぶんとらしくなってきましたね!

今日は「食事形態」についてお話させていただきます。

みなさんが風邪をひいた時は、普段食べないおかゆを食べたりしますよね?

それと同じように、アンジェロでは利用者のみなさまに、ひとりひとりの嚥下状態・体調等に適した形態でお食事を提供させていただいています。

例えば…

嚥下状態があまりよくない方⇒刻んでとろみをつけたきざみあんの形態で提供!

入れ歯の具合が悪い方⇒一時的に粗く刻んだ粗きざ形態に変更!

といった具合です。

上の例はおかずについてですが、もちろん主食も、ご飯・軟飯・全粥などの形態があります。

介護士・言語聴覚士・歯科衛生士などなど、様々な職種が連携し、常に利用者の皆様がおいしく召し上がっていただくために、一番食べやすい形態を検討しております。

では、皆様、夏風邪には気をつけて!! http://www.asukakai.or.jp

ある日の夕方の時でした。

皆様一人ひとり夕食も食べ終えてお部屋に帰っていっている中リビングで見られた

利用者様同士の会話です。

「今日も一日沢山笑って過ごすことが出来ましたねぇ。」

「そぅですねぇ。皆良い人ばかり、有難い事ばかり。頑張って長生きして良かったと思いますねぇ。」

「明日も笑顔の一日ですね。おやすみなさい。」

「そうですねぇ。毎日に感謝です。おやすみなさい。」

なんて素敵な会話なんだろう。思わず感動してしまいました。

当たり前の毎日を沢山の笑顔で過ごし1日1日に感謝する事。

働いている事でまた一つ大事な事を人生の大先輩であるご利用者様に教えていただきました。

そんなご利用者様へ毎日笑顔を提供しているアンジェロの介護士さんってなんて素敵なんだろう。

同じ職場で働いていながらそんな事を思いました。

私達も大先輩を見習って毎日に感謝を忘れず笑顔で過ごしていきましょう♪

看護師:K http://www.asukakai.or.jp

以前の施設では寝てばかりで、表情も暗くしゃべることも少なかったというAさん。

アンジェロにきたころは歩いたり動いたりすることも拒否され、リビングにでてこられても部屋に戻りたいと訴えの多いご様子でした。

まずはリビングで過ごしていただけるようにと、あの手この手でお部屋に帰ろうとされるのをひきとめ・・そんなAさんですが、横に座るといつも一生懸命お話してくださいました。認知症があるのでお話している内容がなかなかわかりにくいものでしたが、だんな様や家族の事など楽しそうにお話している様子はよく伝わってきて、そんなAさんのお話を相槌をうちながら楽しく聞かせていただいていました。

数日もたてば4人がけのリビングテーブルで横になった利用者様と笑顔でお話をしているご様子。リビングで皆さんとレクリエーションをしたり、お手伝いをしていただいたり。。そのうち、「一緒に散歩にいきましょう。」の声掛けにも自然と身体が動いてくださるようになりました。

歩きながら、だんな様の素敵なお話を茶目っ気のある表情で教えてくださったり、私の事も、どうなの?と聞いてくださったり・・。冗談に大きな声で大きな声で笑われることも増えていき・・。いつのまにか入所当初よりも声が大きくなられ、話していることがわかりやすくなっておられました。表情も豊かになり施設の中ですれ違った時にもウインクでアイコンタクトをしてくださったり。

日に日に表情が変わっていかれるAさんをみて、環境や人の関わりでこんなにも変わられるのかな、とびっくりするとともに、利用者様の表情を笑顔にするのも暗い顔にするのも私達次第なのかな・・と感じます。特に認知症の方はその影響が特に大きいように日々感じます。

一日でも長く笑顔で過ごして頂ける日が続くように。毎日頑張っていきたいです。

                                         作業療法士

                               http://www.asukakai.or.jp

 6月4日月曜日。昼食に豚汁とおにぎりを作りました。

毎週月曜日9時40分からの、さくら・わらびユニット集団リハビリが終わり、

いざ!調理開始。 

 

具材は。。。 大根、人参、豚肉、油揚げ、そして、前日に収穫した玉ねぎ☆

 

 

 

 

皆様に分担して切り分けて頂きます。油揚げはキッチンバサミでちょきちょき。「手が震えるから…」と参加を遠慮されていた利用者様も「これったら出来るわ!」と快く参加して下さいました。

下準備が終わると、キッチンでお鍋を温めます。今回は皆様を代表して、T様とH様に鍋当番をお任せしました。

アクもしっかり取ってくださり、味噌の味付けもバッチリ!

 

 

 

その間、リビングでは他の利用者様におにぎりを握って頂きました。

職員はたった一言、「いつものおにぎりを作ってください。」と。

 

 

 

出来上がったものは、俵型だったり、三角だったり。ふわっとしてたり、ぎゅっとしてたり。

まさにお母さんのおにぎりでした。

丁度、豚汁のお野菜も柔らかく出来あがり、

「いただきまーす!」

玉ねぎの甘みいっぱいの豚汁に、丁度いい塩加減のゆかりおにぎり。

さくわら特製豚汁定食いかがですか~☆

 

                 

 

 

      ☆さくら・わらびユニット職員より☆           http://www.asukakai.or.jp