» 2012 » 5月のブログ記事

 

 

 

 

 

 

 

はぎ、あかねユニットではいつも綺麗なお花が絶えません。ご利用者のご家族様が面会のたびに新しいお花を持参し生けて下さっているからです。ひな祭りの時には桃の花 母の日にはカーネーションと行事にあわせたお花もあり、私達の目を楽しませてくれます。今回はミニばらと白菊です。私達は毎日綺麗なお花に癒されています。ご利用者様のご家族様、いつも綺麗なお花をありがとうございます。気配り・心配り見習いたいとおもいます。

                      はぎ、あかねユニット    http://www.asukakai.or.jp/ 

      

 

 

 

 

 

26日(土)の昼食を3階の4ユニットの合同レクリエーションとして屋上ランチ会にしました。前日の雨天はどこへやら・・・。5月中旬頃まで時々あった肌寒さは全く無く、初夏の日差し・・・。帽子やタオルで日除けをして、『いざ、屋上へ!!』。開会宣言のあと、まずは童心に帰って『しゃぼん玉』

 

 

 

 

 

続いてみんなで『茶摘』などの。そうしているうちに目の前にはお茶とお弁当が用意され、『いただきま~~す

 

 

 

 

 

『たまには外で食べるのもいいわね』『少し暑いけど楽しいわ』と声が聞けました。利用者の皆様、ご参加ありがとうございました。 ~うめ・やまぶき・さくら・わらび~   http://www.asukakai.or.jp/

段々と夏が近づいてますね★あー暑い暑い!!

さて、あかねユニットにはとても手先の器用な方がいらっしゃいます。

時間があれば地道に折り紙や、ごみ箱作りされていて、

「ほんまは、手痛いねんで。でも動かさんとな」と仰っています。

その一生懸命な手から作り出された作品は季節を感じさせてくれる作品から、

みなさんがごみ入れとして使われるごみ箱まで多彩です!!

  

 

 

 

 

 

 

来月に向けて一生懸命「紫陽花の花」折っておられます!!

あかね・はぎユニット http://www.asukakai.or.jp/

こんにちは。あかね、はぎユニットです。

5月6日(日)あかね、はぎユニット合同でかしわ餅作りをしました。

みなさんで人数分のあんこを分けて頂き、電子レンジで作成したお餅も、みなさんで分けて頂きました。 大きいサイズから小さいサイズまで様々で、ご利用様それぞれの個性が出たかしわ餅が完成しました!!

みなさんで作ったおやつ♪「自分で作ったから美味しいわ」、「こんな簡単に作れるんやね」とみなさんとっても喜ばれていました。

 またひとつ、素敵な思い出が出来ました!!! http://www.asukakai.or.jp/    

 

 

ゴールデンウィークも終わり、ユニットでは「茶摘み」や「夏は来ぬ」などの歌をうたう季節になりました。ゴールデンウィーク中の利用者様との会話の中で、5月3日は憲法記念日、5日はこどもの日、4日はとなった時、カレンダーを見ると「みどりの日」と書いてありました。確か私の記憶では、4月29日がみどりの日だったように思いましたが、4月29日は「昭和の日」と書いてありました。そして「昭和の日は昭和天皇の誕生日ですね」と話すと、利用者様から「天長節やね」とおっしゃいました。私は聞いたことなかった言葉だったので、どんな字を書くのですかと尋ね、またひとつ教えてもらいました。ちなみに利用者様に「天長節」のことを伺うと勿論全員「そうそう昔はそう言っていたよ」とご存知でした。調べてみると戦後「天皇誕生日」が制定されるまでは「天長節」と言っていたようです。このように今まで知らなかったことを教えてくださることが沢山あります。やはり人生の大先輩ですから。これからもよろしくお願いします。  

~かきつばた・ぬばたま職員より~    http://www.asukakai.or.jp/    

新緑の季節も深まり、そろそろ梅雨が近づいてまいりました。

日常の中で、外の空気に触れると季節を感じますが、

施設の中では、なかなか季節を肌で感じることができず、

月日の感覚がずれてしまうことがあります。

そのため、日付の感覚をつけていただこうと、ある認知症の利用者様と一緒にカレンダーを作りました。

最初は、紫陽花の花弁を折るのに苦戦していた利用者様も、

徐々に手順に慣れてきました。

一人がやっていると、「わたしも教えて」とテーブルで折り紙大会。

みんなで作った花弁を並べると、素敵な紫陽花が完成。

カタツムリものせて、6月のカレンダーができあがりました。

これで施設の中でも、季節感を味わえそうです。

作業療法士 O

http://www.asukakai.or.jp/

アンジェロでは毎月1回、お昼に各地方の駅弁をお出ししています。そこで、今回は6月の駅弁についてご紹介させて頂きます。

6月は愛媛県松山市、松山駅の駅弁『瀬戸のあな子』です。愛媛県出身の方はご存知ではないでしょうか?穴子と山菜を沢山使った散らし寿司です。

ここで、豆知識をひとつ。松山には昔から祝い事やお客様をもてなす時に、「散らし寿司」を作る習慣があり、「松山鮓(すし)」と呼ばれるものは、その中でも最高のおもてなしだったそうです。この「松山鮓」はハゼなどの「瀬戸の小魚」でダシをとった甘めの合わせ酢で寿司酢を作り、その中に刻んだ穴子や季節の野菜を混ぜ込み、その上に錦糸卵を散らし、季節に応じた瀬戸の魚介類を最後に盛り付けるのだそうです。

アンジェロでは、この「松山鮓」のように手の込んだものでは無いのですが、松山市で販売されている『瀬戸のあな子』弁当を再現してご提供します。散らし寿司の具に、かんぴょう・山菜・エビ、そして主役の穴子を混ぜ込み、最後に甘辛く煮た椎茸と錦糸卵、海苔を盛り付けます。

駅弁・お弁当の日は簡易のものではありますが、お弁当箱に入れてご提供させて頂いています。6月になると、そろそろ暑く日差しがきつくなってくるので出来ませんが、5月には、お弁当を持って屋上に上がり、陽気の中、遠足気分を味わって頂いています。

このように、『駅弁』と書かれただけでは分からなかったお弁当の紹介など、ユニットの皆様にもお伝え出来るものを作っていきたいと思っています。

『瀬戸のあな子』弁当は6月21日にご提供を予定しています。お楽しみ下さい!!

管理栄養士http://www.asukakai.or.jp/

日頃は通所をご利用されておられるM様が11日(金)から2泊3日のショートステイを『うめ』ユニットでご利用になられました。ご挨拶代わりにと『絵』を頂きました。ユニットに飾っております。また利用中に『指編み』やかん置き』と『小物入れ』を作ってくださいました。ありがとうございました!!』。前回のショートステイでも造花を沢山作っておられましたね。優しい、心配り、気配り、私達も見習いたいとおもいます。御身体に気をつけて、又ショートステイでお待ちしています。  ~うめ・やまぶき~http://www.asukakai.or.jp/

5日(土)の13時30分から『うめ』『やまぶき』の利用者様が『うめ』リビングに集合して『柏餅』を作りました。集合してすぐに皆様で『柏餅を作るぞ』『オゥー!』と掛け声をかけてスタート。

 

 

 

 

 

こしあんを人数分わけて、白玉粉・上新粉・砂糖で餅生地を作って、蒸す代わりに電子レンジで『チーン』。片栗粉のひいたトレーで餅生地を広げて人数分に、あんを包んで・・柏の葉も忘れずに・・14時30分に【完成】。この時間、ときどきウトウトしている利用者様もいらっしゃるのですが、今日は皆様目をパッチリとあけて参加しておられました。『いつものおやつと一味も二味もちがうわねー』『みんな集まって楽しいわねー』と皆様素敵な笑顔の時間でした。http://www.asukakai.or.jp/

レクリエーション分科会から配布された物品を使用して『うめ』『やまぶき』の利用者様がそれそれ1匹の『鯉のぼり』を作成しました。本体は模造紙、鱗は色画用紙、口・えら・ひれは色折り紙です。はさみで切ったり、手でちぎったりした色画用紙・色折り紙を糊でつけて・・・製作日数は約1週間でした。『うめ』リビングに展示しております。

 

 

 

 

 

『やまぶき』のI職員も負けじと『東京スカイツリーに鯉のぼり』を作りました。『やまぶき』の飾り棚に展示してます。面会の際に足を運んで御覧下さいませhttp://www.asukakai.or.jp/