» 2011 » 7月のブログ記事

暑い日が続いています。今日はご利用者様と一緒にさっぱりしたフルーツみつまめを作りました。

御利用者様と一緒に寒天を煮溶かし「これでいいのかな?」と仰りながら、かき混ぜて頂き寒天ゼリーを作成しました。

 フルーツを包丁を使って切って頂きました。「これぐらいの大きさが食べ易いだろうか?」と仰っておられ、とっても優しさを感じられました。他の御利用者様もしていただきました。

 白玉粉を練って頂きました。「こんなに固くて大丈夫だろうか」と仰っておられましたが、とっても茹でると柔らかく美味しそうに出来上がりました☆ 

 寒天ゼリーを切り分けていただきました。皆に見守られ緊張と感動の連続。

 皆様 ご自身で盛り付けをしていただきました。みなさん笑顔で「とっても美味しかった」「皆でしたら良かった」との感想を頂きました☆ 幸せなお顔でおられました。

また一緒によろしくお願いします☆

はぎ あかねスタッフ一同。 http://www.asukakai.or.jp/

 

 

 

おくらばせながらのご報告申し訳ございません。

7月7日七夕の日にユニットではそーめんレクリエーションが行われました。

そうめんを配るやいなや「箸はまだか?」「勝手に取ってもええんか?」とスタッフを催促される声があちらこちらから。その間職員は「少々お待ちください。」とスイカを配り、ご飯を入れと大忙しでした。やっとこさ全て配り終わり皆さんで「頂きます。」

 

いつもは「私こんなぎょうさん食べられへんわ。あんた食べ。」と言われる少食の利用者様も「美味しいな。おかわりしてもええか?」とおかわりされました。

ある利用者様は立ち上がり「あんたもうイランのか?まだあるから食べ。」と他の利用者様にも取り分けて下さいました。

3つの大皿にたっぷりのそうめんがあったので余るだろうという職員の予想を裏切り全て完食されました。

やっぱり夏はこうした口あたりの良い麺類も食べやすく又企画したいなと思っています。

やまぶき・うめスタッフより        http://www.asukakai.or.jp/

今年も『アンジェロ祭り』平成23年9月18日(日)17:00~19:00に開催したいと思います。第一回、二回と8月に行っておりましたが、毎年猛暑で「暑い、暑い」との声がありました。ご利用者様の体調も考慮し1ヶ月だけの差ではありますが、今年は8月から9月へ変更させていただくことに致しました。盆踊りや・ボランティアさんの催し物(ブラスバンド・和太鼓予定)、露店、花火もあります。是非今年も、ご利用者様共々、家族様、近隣の皆様、一緒に祭りを楽しんでください。スタッフも楽しいひとときを過ごせるよう準備等励みます。ご協力宜しくお願いいたします。  ~アンジェロ祭り実行委員会~  http://www.asukakai.or.jp/

7月23日(土)、うめ・やまぶきユニットの利用者様と職員で「フルーツみつ豆」を作りました。

まずは寒天と抹茶白玉を作ります。特に白玉は「こねる・ちぎる・形を整える」という巧緻能力が必要であり、難しい動作ですが、利用者様達は難なくこなされていました。

次にフルーツを切ります。女性のY様とA様が率先して切っていただきました。この時、男性のU様も参加され、包丁をしっかり握り、みんなのフルーツをうまく均等に切られました。

さらに寒天を切り分けます。寒天を切っていただくのはW様にお願いしました。W様は入所当時、坐位の耐久性が低下しており、長時間の保持が出来ませんでした。また体幹筋の筋緊張が低下していた為、バランス能力も低く、リーチ動作等の上肢運動がやや困難な状況でした。しかし、現在では持久力が向上して、長時間坐ることができ、さらに体幹の筋緊張が改善して、上肢の機能的運動が向上しました。

 最後に、寒天・抹茶白玉・フルーツ混ぜて、均等に器に取り分けます。取り分けたところに、さらにあずきとアイスクリームを添えます。白玉や寒天の形は一定ではありませんが、味は一級品です。どの利用者様も「美味しい」という言葉が出て、いっぱい笑顔が見られました。また皆で一緒におやつを作りましょう。

うめ・やまぶきスタッフ一同 http://www.asukakai.or.jp/

暑くなってきましたね。ついこの間には、季節はずれの台風もきて涼しい日もありましたが・・・これからますます暑くなり、真夏日や猛暑日なんて毎日のように続き、夏バテなんて心配もでてきます。特に、暑くなると、「脱水にならないようにしっかり水分を摂らなければ!」 って思いますよね。ユニットのあちこちでも「しんどくなったらアカンから、しっかりお茶を飲んでくださいね」って言葉がよく聞かれます。でも、利用者様の中には「今のど乾いてない」「こんなに飲まれへん」「なんで飲まなアカンの」なんて言いながら、なかなか飲まない方もいらっしゃいます。そんな時は、お茶をコーヒーや紅茶にしてみたり、冷たい飲み物が好きな方には冷たいものを、温かい方好きな方には温かい物など、色々工夫をして飲んで頂く様にしています。それでも、脱水傾向になる方もいます。脱水症になるとお茶や水を飲むだけではなかなか改善しないのです。脱水症になると、水分だけでなく、身体の電解質という物質も失われるので、その補給もしないといけないのです。水やお茶にはこの電解質は含まれていないのです。最近、経口補水液という言葉を聞いた事ないですか?この経口補水液には、電解質が身体にとっていい濃度で含まれているのです。アンジェロでも脱水の予防にと、この経口補水液を作って利用者様に飲んで頂いています。この経口補水液は脱水を起こしていない場合はまずく、脱水傾向にある人が飲むと「おいしい」と感じるらしいです。あるユニットでは「魔法の水」と利用者様に飲んでいただいていますが、「おいしいわ」といわれているようで、「脱水傾向にあるのでは?」と、ちょっと心配になったりもしましたが、皆様元気に過ごしていらっしゃるのでひと安心です。「しっかり(お茶)飲んでくださいね」と声かけて利用者様が脱水症を起こさず元気に過ごして頂きたいと思います。http://www.asukakai.or.jp/     (管理栄養士)

夏らしいおやつを!! と思い今月のおやつレクリエーションは、あんみつ作りです。
午前の部と午後の部とで工程がわかれており、午前中に白玉と寒天作りをしました。

寒天作りの際はキッチンに利用者様に立って頂き、寒天粉が溶けるまでグルグル混ぜ続けて頂きました。沸騰する寒天をグルグル・グルグル・・・職員と一緒に大変頑張って下さったのですが、後に残念な事が発覚。           上の写真は白玉を捏ねて、丸めている様子です。
白い白玉団子と抹茶入りの白玉団子を作りました。小さい団子やら                                大きめの団子やら、皆様思い思いのお団子を作ってくださいました。
ここで午前の部は終了。丁度昼食の時間となりました。
皆様が食事を召し上がっている間に職員が白玉をゆでます。頑張って作ってくださった白玉団子が、柔らかくておいしい物になるように魔法をかけながら♪

午後の部は材料切りと盛り付けです。

T様に果物を切って下さるようお願いすると『立っていい?座ってなんか切れないわよ』とスッと立ち上がって下さいました。そうですよね。お料理する時は立ってじゃないと。
 
果物も切り終え、寒天を切り分けようと冷蔵庫から出したところ。。。
全く固まってないではありませんか。。。
ピンク色に色付けした寒天は、綺麗に出来上がっていたのですが、透明の寒天は、あんなに頑張って混ぜてくださったにも関わらず、まだ混ぜ具合が足りなかったようで固まりませんでした。残念。。。

そして最後に、利用者様方を驚かせようと内緒にしていたアイスクリームを乗せて出来上がり☆
ピンク色の寒天・黄色の桃・白とグリーンの白玉団子にバニラアイスクリームとあんこ。色とりどりのクリームあんみつの完成です。
『どれも美味しいけどな、アイスクリームなんて久しぶりに食べたわ。美味しいなぁ~』と満面の笑みでお話してくださいました。
職員も利用者様方も皆、1日がかりで出来上がったクリームあんみつに大満足していたら、うっかり出来上がりの写真を撮るのを忘れてしまいました。。。ゴメンナサイ。。。

さくら・わらびユニット特製クリームあんみつは皆様の想像にお任せします(笑)

                                  さくら・わらびユニットスタッフより http://www.asukakai.or.jp/

在宅支援について考えました。

私たちは、ご利用者が今まで暮らしてきた、大好きな自宅での生活復帰が実現できるよう入所中はご家族、ご本人の思いに耳を傾け、みんなで一丸となりその思いを何とか叶えられるように、日々お手伝いしています。

そしていよいよ自宅に戻られる事になると、毎回何とも言えない嬉しい気持ちになります。

だけど、それが私たちのゴールではありません。

施設では出来ていた事、施設では問題ではなかった事が、久しぶりの家では上手く出来なかったり問題となることもあります。介護からしばらく離れていたご家族の方は、戸惑われることもあると思います。

そんな時は、どんな些細なことでも構わないので声に出して話して下さい。一緒に考え、一緒に悩み、いい方法が見つけられるようにお手伝いします。

自宅で介護を再開するご家族からよく聞くのは、次のような言葉です。

「今まで施設でお世話になっていたんだから、しんどいなんて言ってられない。頑張らないと」と言われます。

頑張らないで下さい。抱え込まず、しんどい時は声に出して話をして下さい。そして、私たちみんなで考えさせて下さい。

帰られた後も、こうやって一緒に悩みながら家での生活をお手伝い出来ることは、私たちにとって本当に嬉しい有り難いことなのです。

在宅支援というのは施設から家に帰ってゴールではなく帰ってからがスタートなんだと改めて感じた今日でした。

支援相談員より  http://www.asukakai.or.jp/  

7月より相談員の仲間入りをさせて頂くことになりました、Mです。

それまではアンジェロではユニットの介護職員として入所されているご利用者様の食事や入浴、排泄などの直接的な介護に携わらせて頂きました。

ご利用者様の肌に実際に触れ、共に笑ったり、時には涙を浮かべて悩みをうちあけてくださったり・・・

生活を共にさせて頂いた経験とその時に感じた想いを、ご家族様やご利用様からの相談に活かしていきたいと思っております。よろしくお願いします!

ユニットで介護をさせて頂く最終日。今までお世話になった入所されているご利用者様にごあいさつをし少し淋しい気持ちもあったのですが、次の日様子を伺いにユニットに行くと、第一声に

「しっかりやってるか~?」と明るい声!

「私の相談ものってや~!」「あんたは私が育てたったんやからな。」と次々に声をかけてくださいました。

本当にうれしかった!!そうです。日々ご利用者様から学ぶことは本当に多く、育ての親といっても過言ではないかもしれません。 

相談員になることで入所されている方だけでなく、さらに多くの人生の先輩方から学ぶ機会を頂いたことに感謝し、これからのご縁に胸をふくらませています。

ひとりでも多くのご利用者様、ご家族様のお気持ちに寄り添えるように努力していきますのでよろしくお願い致します(*^_^*)

 http://www.asukakai.or.jp/ 

夏バテは、「だるい・疲れやすい・食欲がない」の夏バテ3態によって、気温の急激な変化に体のリズムがついていけず、身体が弱まることです。
暑いと身体のストレスがたまるとビタミンCが消費され不足がちになります。夏バテ防止にはビタミンCを含む食品を普段より多めにとらなければいけません。

夏野菜の代表として、トマト、きゅうり、ナス、オクラ、ピーマン、モロヘイヤなどがあります。

トマト赤色に含まれるリコピンという色素には、抗酸化作用があり、老化防止やがん予防なります。
βーカロテンやビタミンCなどを含んでいます

きゅうりカリウムが多く含まれています。利尿作用にすぐれていて、体にこもった熱を尿と一緒に排出してくれます。

オクラ、モロヘイヤネバネバにはムチンという成分が含まれており、腸を整えて、疲労回復をしてくれるほか、肌のアンチエイジングにも効果を発揮します。

栄養豊富な夏野菜ですが、中には体を冷やしてしまうものが多く、体を冷やしてしまうことになりかねないので、体を温めてくれる野菜を一緒にとるようにしましょう。ミョウガ・生姜・にんにく・唐辛子にはその効果があるので薬味などにして一緒にとるのをおススメします。

アンジェロの献立にも夏野菜を豊富に取り入れています。旬の野菜をおいしく食べる事で暑い夏を乗り切りましょう!!                                             (栄養士) http://www.asukakai.or.jp/

毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
屋内にいても、外の暑さがヒシヒシと伝わってきます。
西日の厳しいさくら・わらびユニットでは、
先月よりベランダでゴーヤを栽培しています。
ゴーヤの葉がすだれに巻き付きグリーンカーテンを作り日差しを遮ります。

残念ながらアンジェロゴーヤは日差しを遮ってくれる程、葉を広げなかったのですが、かわりにたくさんの実をつけてくれました!
どんどん大きくなるゴーヤが、どこまで成長してくれるのか楽しみで、『まだ大きなるやろ?』 『もうちょっと育つで』 

と期待を膨らましていたら。。。

熟しすぎてこんなことになってしまいました。。。

もう食べられないので、来年の種に使用することに。

しかし、開けてビックリ!赤い種とは!!!

上の写真のように元気なゴーヤマン達は天日干しにしてゴーヤ茶にする予定です。

                                    さくら・わらびユニットスタッフより。                 http://www.asukakai.or.jp/