» 2011 » 5月のブログ記事

5月22日(日)あし・をみなへしユニットでこいのぼりワッフル作りをしました。はじめに粉、卵、牛乳を皆さんで混ぜて頂き、ホットプレートで焼きました。お好み焼きの店をされていたS様はあっという間につぎつぎとひっくり返してくださりビックリでした。『ようやらん』とおっしゃていた利用者様も職員と一緒にさせていただき上手くひっくり返せてとても喜んでくださいました。焼けた丸い生地の中にあんこと生クリームを混ぜた小倉クリームをはさみ、チョコクリームでさかなの目とうろこを描けばかわいいこいのぼりができあがりました。小倉クリームはみなさん初めて食べられた方が多かったのですが『おいしい』と好評でした。みなさん甘いものには目がないようです。(私もですが・・・)楽しい一時になりました。 

                          あし・をみなへし職員一同

http://www.asukakai.or.jp/

 

こんにちは。『さくら・わらび』です。5月26日はおやつレク『クッキー作り』を行いました。クッキーはオーブンレンジで焼くイメージが強いですが、今回行ったのはホットプレートで作るクッキーです。まずは生地作り。生地は作った後冷蔵庫で1時間は寝かさないといけない為、午前中から始めました。参加された利用者様1人1人に材料をゴムベラ等で混ぜて頂き、なめらかな生地が完成しました。味もプレーンとココア味の2つを作りました。

午後からは冷蔵庫で寝かせておいた生地を1人分づつ分け、スタッフの見守りの元麺棒で生地を伸ばし、型を抜いてホットプレートの上に乗せて行きます。表面が焼けたら反対の面も焼きます。両面が焼けたら完成です。だいたい1人6・7枚づつ出来上がり、お皿に取り分けました。

皆様、「美味しいわ。」「ちょっとこげたけど香ばしくてこれはこれで美味しいよ。」と言って下さりました。また、終わってからも「楽しかったよ。ありがとう。」「またしてね。」等言って下さり、大変喜んで下さりました。今後ももっと沢山ご利用者様に楽しんで下さるレクリエーションを企画して行きたいと思います。

さくら・わらびスタッフ一同

http://www.asukakai.or.jp/

こんにちは☆

気温の差が激しい毎日ですが、皆様体調崩されていませんか?

朝からはぎあかねご利用者様はとてもお元気で

「さあ歩くよ~」と張り切って歩行練習に取り組まれています。

 

又あるご利用者様は折り紙や塗り絵はお得意で、

職員と共に6月の予定表を作成してくださいました☆

さて5月28日は、はぎ・あかねユニット合同で屋上で、昼食を頂きます☆

晴れるかな~今から楽しみです☆またご報告します☆

テルテル坊主テル坊主~28日天気にしておくれ~♪

http://www.asukakai.or.jp/  はぎ・あかねスタッフ一同

初めまして!4月に入職した新人作業療法士のNと申します。アンジェロに来てもうすぐ2ヶ月。毎日周りの方々の助けを頂きながらお仕事をさせていただいています。

さわやかで気持ちの良い季節になってきましたね。暖かくなったり寒くなったりと体調も崩しやすい季節ですので、皆様お体にはお気をつけ下さい。

作業療法士ということで、現在認知症のある方を主に担当させて頂いています。記憶をすることが難しい方も多いのですが、だんだんと私の顔を覚えていただけるようになり、本当に嬉しいです。お会いしに行った時にニッコリと笑ってくださる瞬間が、今一番楽しみです。作業療法を通じて笑顔になっていただけるよう、安心して頂ける様、試行錯誤の日々を送っています。

折り紙でカーネーションを作り終えた瞬間にパッと表情が明るくなったAさん。若い頃、表彰状をもらったことをお会いするたび嬉しそうな表情で話されるBさん。言葉のやり取りが難しくなられても、将棋を始めると一変に真剣なまなざしで攻めの将棋をされるCさん。初めは「何もしたくない」と固い表情をされていたDさんも、最近は私の提案に「こんなのもいいね」と柔らかい表情で応じてくださるようになったり・・。

私ができることは本当に小さなことですが、それぞれの方の日々の生活、これからの人生において少しでもお役に立てることができればと思っております。日々勉強ですが、頑張っていきたいと思います。これからどうぞ宜しくお願いします。

                                          作業療法士 N

 http://www.asukakai.or.jp

5月21日(土)にうめ・やまぶきユニットの利用者様と職員で「鯉のぼりワッフル」を作りました。

まずは生地作りからスタート。ホットケーキミックスをボールに入れ、利用者様に良くかき混ぜて頂きます。混ぜ終わったら4台のホットプレートにて、皆さんで焼き上げます。

次に、焼き上げたホットケーキにホイップクリームと粒あんのミックスしたものを挟みます。

そして最後に利用者様が個々にチョコレートでデコレーションします。

出来上がったのが下の写真です。どうでしょうか。まさに鯉のぼりに似ていますね。

利用者様は終始笑顔で、皆でひとつになり協力してワッフルを作られていました。

「とても楽しかった。」「美味しかったです。」「またこのようなことがしたい。」とのお声を頂きました。

次回もおやつレクを行う予定です。皆様楽しみに待っていて下さいね。

うめ・やまぶきスタッフ一同 http://www.asukakai.or.jp/

「歌う極楽、聞く地獄」

カラオケのレクリエーションが始まるとT様が嬉しそうに口にされるお言葉です。文字通り歌う人にとっては極楽の如く楽しいでしょうがそれを聞かされる者にとっては地獄のようであると言うことでカラオケ好きにとっては耳の痛いお言葉ですが、T様自信も大のカラオケ好き! ご自分も含めカラオケ好きを皮肉を込めながら笑い飛ばしていらっしゃるようです。

 

 

 

 「お日さん西西(にしにし) 金来ち来ち(かねこちこち)」

何とも語呂がいい言葉ですが、意味分かるでしょうか? お日様は早く沈んで欲しい しかし、お金は早くこっちに来て欲しい つまり、一日の勤めを一刻も早く終わらせお金(給料)は早く欲しい という勤め人の願望を滑稽に表した言葉です。現役時代に作られたものかは定かではありませんが、サラリーマンであれば誰しもが頷けるお言葉ではないでしょうか ^v^ うめユニットにはウイットに富んだT様語録にご利用者様も職員も楽しませていただいています。

                 うめユニットhttp://www.asukakai.or.jp

                                                                                                                            季節も暖かくなり今年もアンジェロにつばめの夫婦が来ました。去年の巣をそのまま残しておいたのでそのお家を一生懸命リフォームして入居されました。現在卵を産んでいる状態のようでつばめが巣の中に座って頑張って卵を温めています。夜になると夫婦仲良く巣の中に入っている光景がとても仲睦まじく、心癒される光景です。職員はその前を通る時に自然と見上げてつばめを見て笑ってしまう、そんな暖かな気持ちにさせるアンジェロの癒しの存在に今年もなっています。今年もうまく巣だっていってくれることを願いながらつばめの報告をさせて頂きますのでお楽しみにして頂けたらと思います。        事務員より              http://www.asukakai.or.jp/

 

 

 

                                       

5月18日14時~15時に防火管理者と分科会による防災(火災)・避難・AED研修会を開催致しました。防火管理者から火災に対する施設設備説明がありました。会議室ではスプリンクラー・煙探知機等の設備内容を説明し、実際に設備機器の場所では火災表示機・館内放送・消防への通報・消火用散水栓・消火器等の使用方法等について、耳からだけではなく、目で確認できるように説明していただきました。その後AEDの使用の説明映像を会議室で見て研修会を終了しました。非常時は落ち着いて正確な判断をして、普段以上に職員間の連携を図って、人命第一で行動してくださいとの言葉で研修会を終えました。ご利用者様に安全第1に、そして安心した生活をおくって頂けるようにと、参加職員一同再度身の引き締まるおもいで、又何時起こるかわからない非常事態の対応方法を真剣に確認していました。

 ~防災・備品・施設管理分科会~http://www.asukakai.or.jp/

 

こんにちは。『さくら・わらび』です。日曜日は天気がよく気温も暖かかったので、さくら・わらびのご利用者様達と一緒に、屋上まで散歩に行きました。屋上に到着すると、「生駒はどっち?」と聞かれたり、「風が気持ちいいなぁ!」と言われたり、外の空気を吸って体も心もリフレッシュされた様でした。ユニットに戻る前に、『茶摘』をみんなで歌いました。また天気の良い日は皆さんと一緒に屋上へ上がりたいと思います。

さくら・わらびスタッフ一同http://www.asukakai.or.jp/

●腎臓の働きについて●

腎臓は食事として摂取した蛋白質を体内で代謝・分解してできる老廃物や酸、身体に必要以上に摂取された余分な水分や食塩を尿へ排泄しているため、蛋白質や食塩を取りすぎると腎臓に過剰な排泄という負担をかけてしまいます。これらを制限することで弱っている腎臓を保護しています。

●食事療法のポイント●

①蛋白質を控える
 体を維持するための最小限の蛋白質は体重1kg当たり0.6g/日必要とされています。

②塩分を控える
 塩分の過剰摂取は腎臓に負荷をかけむくみや高血圧の恐れがあります。
 一日の塩分摂取量は5g以下に控えましょう。

③エネルギーは適正量を十分とる
 エネルギーが不足すると摂取した蛋白質を有効に利用することができません。
 通常は体重1kg当たり30~35kcalで計算します。
 ・油脂で上手にエネルギーアップしましょう。
 ・甘いものでエネルギーの補給をしましょう。

④カリウム制限
 腎不全が進んでカリウムの排泄行われなくなると高カリウム血症となり、だるさや体しびれなどの症状が生じることがあるため、食事に対する注意が必要です。
 カリウムは生野菜・いも・生果物に含まれるため多量に摂取するのは控えましょう。
 生果物を缶詰にかえたり、生野菜をゆでたり、調理法を変えることでカリウムを1/3~2/3にへらすことができます。

⑤水分制限
 水分制限は浮腫・腹水などが見られた場合制限が必要です。

アンジェロでもご利用者様お一人お一人のご状態に応じて療養食を提供させて頂いています。 

                                       <栄養士>

 http://www.asukakai.or.jp/