» 2011 » 1月のブログ記事

入所を希望され、相談に来てくださるご本人、ご家族に、見学案内をさせていただいたり、施設としての取り組みを説明させていただいたりしています。
毎回いろんな出会いがあり、お話させていただくのが楽しみで嬉しいです。そしてご家族にお話を聞くたびにご本人はどんな方なのかな、ご本人と直接お会いしてお話したいな、という想いが強くなります。
一人でも多くの方がアンジェロでリハビリをして、お元気になり、お家に帰られて、ご家族の温かい温もりを感じながら、これからの人生を楽しめますように!そう思いながら、相談を続けて参ります。
これからもよろしくお願いします。  支援相談員

http://www.asukakai.or.jp/

認知症がありながらも、高齢のご主人様と2人暮らしにて元気にすごしておられたA様。                                                                          昨年、脳梗塞で倒れられ、奈良県の病院へ入院されました。経過は順調でしたが、胃潰瘍や腸炎をさらに発症され、しばらく食べ物を口から食べられない生活が続き、体力や筋力の低下と共に認知面の低下が進み、食べ物を食べることがわからなくなってしまわれました。その結果、胃ろうの造設をすることになられました。胃ろう造設後の経過も良く、病院からの退院許可も出ましたが、高齢のご主人様との生活へは戻ることが困難で、リハビリ、また次の生活の場所を見つけたい、との目標にて当施設に入所されました。 病院ではお風呂も寝たまま、排泄はおむつ交換、食事はベッドの上で胃ろうからの注入と、寝たきりの生活が続き、楽しみも持てない状況でした。                                                          そんなA様は、入所後約1ヶ月が経過した現在、日中のほとんどを車椅子に座って他のご利用者様と一緒にリビングで過ごされています。入所4日目には尿意の訴えがあり、「出るかわからないけれど、行ってみましょうか!」とのことで、職員2人介助にておトイレに座って頂くと、排尿が…!「すごい!訴え通りおしっこが…!!」と職員も感激!その日からおトイレでの排泄を開始し、今では定時のトイレ誘導を行いながらも、頻繁に尿意の訴えもして下さるようになっています。病院では言葉数も少なく、看護師さんからは「会話はできる時とできない時とがあります」との情報を頂いていましたが、そんなことは想像がつかない位、今では昔の話や料理の話、恋愛の話等々…ご自分の意見も述べながら話してくださいます。家族様、本人様よりも「少しでも食事がたべたい」との希望も頂いており、現在は言語聴覚士による嚥下訓練を行っているところです。                                                                              アンジェロを利用することにより、今後の人生が今よりもっと充実して、楽しみのある生活が送れるよう、「生活の質」の向上を目指しながら支援していきたいと考えています。 A様の回復ぶりには職員も目を見張るものがあり、A様の元気な姿、日々の言葉や表情等々から元気や希望を頂いている毎日です!!これからも当施設の在宅復帰の支援方法をUPさせていただきます。                                                 (支援相談員Oより)http://www.asukakai.or.jp/

 

 

入所中のAさん。

お孫さんが結婚されるということで、リハビリの時間を利用して
プレゼントにカードを作成しました。

似顔絵を描いていただいたり
折り紙をハート型に切っていただいたり
得意の書道を活かして「寿」の文字を書いていただいたり

作業中は笑顔がたえず、楽しい時間はあっという間です。

最後にメッセージを書いていただいたのですが
「笑顔で仲良く」というものから
「困っても一人でかかえこまない」というものまで
ひと言ひと言紡がれる言葉は素朴でも、
人生の先輩として深みのあるものばかりです。

またお孫さんの笑顔が見れるのが楽しみですね!

作業療法士O
http://www.asukakai.or.jp/

以前、通所リハビリテーション日記で腰痛の予防・改善させるための運動として「腰痛体操」を紹介していましたが、今回、私は日常生活での姿勢と腰痛予防対策についてお話しようと思います。

というのも、私の担当している利用者様で、「腰が痛いんです」と訴えられた方がいたのですが…

話を聞いてみると、ベッドで腰を捻った姿勢で本を読んでおられたそうです。

原因はここにあったんです。

利用者様自身、腰を捻るという姿勢が、腰に負担がかかるということを知らなかったようです。

今回アンジェロに入所した理由も、布団を押し入れにしまおうとした時に起きた、ギックリ腰が原因であるとのこと。

このように、腰に負担のかかる動作を日常生活で知らず知らずのうちに行ってしまっている方が多いようです。

例えば、今回の布団の持ち上げ動作など、低い所から物を持ち上げる時には、膝をついて、しっかり体に近付けてから持ち上げようにましょう

また、布団を押し入れから出すときなどの、高いところのものを降ろすときには、背伸びをしないで踏み台を使いましょう

体を捻り長時間本を読んでいたことに関しては、しっかりと体をまっすぐにして、長時間同じ姿勢をとることは避けましょう

みなさんも、このような経験はないでしょうか?

腰痛には十分に気をつけて快適な生活を送りましょう。

理学療法士http://www.asukakai.or.jp/

年が明け、ますます寒さ厳しくなってきましたね。

そんな冬の寒さには、あったかい料理が恋しくなるものです。あし・をみなへしユニットでは「あったか豚汁」を作ってみました!!

まずは、野菜を切って行きましょう!!今回は、ネギ、人参、白菜の豚汁には欠かせない野菜を揃えました。

そこでいつもみなさん(特に女性の方達は)主婦の本領発揮されます。

なんともまぁ、ネギを手際よく切っていかれるI様。その手際よさには一同驚きです!あっと言う間に材料の野菜が切り終わりました。

では、いよいよお鍋で炒めていきましょう!ここで、キッチンに立ち調理を手伝って下さったのは普段からお皿を洗ってくださったりと職員を助けて下さるBさん!

「はいはーい」と掛け声よくキッチンに立って頂き、順番に材料を炒めていきました。ここでも、さすが主婦。「お肉はもうちょっと炒めた方がいいわね、野菜入れましょう」とアドバイス頂きました。 普段は旦那様を探されたりと落ち着かれない時ありますが、この時ばかりは料理に没頭された様子でした。

B様がキッチンに立たれる後姿、絵になりますね。

B様のアドバイスのかいあり、とってもとってもおいしそうな豚汁の完成です!!みなさん完成した豚汁を見て「わぁ~おいしそうね~」との声があちらこちらから。

ではでは、お味は??

「おいしいわ、おいしいわ!!」

さらに、普段ミキサー食を食べておられるK様に至っては「私、作ったやつ食べてみるわ」と仰り、「おいしいな、もう一杯おかわりしていい?」とその一言に職員驚かされました!!

このレクをきっかけに、なんとK様。普通食にと変更になりました。ご本人も食べられる事に大喜び!!それでこそ、今回のレクをした意味があるんです!!やっぱりおいしい物食べるって幸せですもんね。。。

そんなK様、今では米粒1つ残すことなく完食されています。ほんと、嬉しい限りです。

ちょっとしたきっかけで、利用者様に喜んで頂けるって私達にとってはパワーの源になります。それとおいしい料理もね。。。次回はどんなおいしい料理作りましょうかね。。。

 http://www.asukakai.or.jp/  

 

1月16日14時から『はぎ・あかね』合同で白玉ぜんざいを作りました。

女性の利用者様は慣れた手つきで白玉を上手にこねておられました。

『なつかしいわね』『手作りは楽しいわね』『形が悪くなったわ』と

色んな声が飛び交っていました。 

 完成(抹茶白玉ぜんざいと昆布茶)の写真です。

皆様声をそろえて「おいしかったわー」と大満足のご様子でした。http://www.asukakai.or.jp/ 

 

 

     ☆1月16日(日)13時30分よりぜんざい作りをしました。                                                                                                               

                

抹茶の粉と白玉粉を混ぜ、食べ易い大きさに丸めていただきました。 さすが主婦の大先輩!!あっという間に白玉の出来上がりです。  

                                            

梅昆布茶とぜんざいの出来上がり!

   「どうぞ!召しあがれ。」

 

 

    「こりゃ~美味しいわ!!」

   ご利用者様の嬉しい声が聞けました。                 

 

 

   

   あっという間に完食です♪                

 

 

       ☆うめ・やまぶきユニットスタッフ☆     http://www.asukakai.or.jp/                                                                                                                                                                                                                                                                                     

平成23年1月11日(火) ‘鏡開き’の日、わらびユニットのリビングにご利用者様に集まって頂き、おやつ レクリエーションとして『白玉ぜんざい』を作り、召し上がって頂きました。

 わらびユニットのS様には、ユニットキッチンのコンロ前に立ち、ゆであずきをお湯に溶かし2ユニット分のぜんざいを作って頂きました。『美味しくな~れ、美味しくな~れ』と念じながら。。。鍋底が焦げ付かないようにかき混ぜてくださいました。

 他のご利用者様にはテーブル席で、白玉だんごを練り、丸めて頂きました。片マヒの方も片手の手のひらで転がすように頑張って丸められていました。  だんごは、白・緑の二色作りました。(緑はグリーンティで着色)

 丸めた白玉だんごは、さくらユニットのT様と先程登場のS様に、沸騰したお湯で茹で、浮き上がってきたところを取り出して頂きました。               

お椀に白・緑のだんごを1個ずつ取り分け、ぜんざいをお玉で注いで、梅こぶ茶とともに召し上がっていただきました。(下の写真では、お団子が沈みご覧いただけませんが。。。)

甘いものが、大好きな方もそうでない方も 皆さま笑顔で、『美味しかったわ~』『ちょうどいい甘さやったわ』『久しぶりのお善哉やわ』等、喜んでいただけたようで、とても嬉しかったです。

〈さくらユニットスタッフF〉 http://www.asukakai.or.jp/ 


ウイルスに負けないためには?

風邪のウイルスは、なんと約200種類もあると言われています。ウィルスは常に空気中を浮遊していますが、同じ環境にいても風邪をひく人、風邪をひかない人がいるのはなぜでしょう。特に、寒い冬には体が冷えることで体の抵抗力が弱まり、ウイルスに負けやすくなるのです。また疲労がたまっていたり、寝不足、食生活が乱れて栄養不足なども、抵抗力を弱めてしまいます。

まずカラダの抵抗力を高めるためには、とにかくまず栄養のバランスよく食べる事です。栄養が偏ったり、不足することで、カラダの機能をうまく働かせることができなくなります。

さらに風邪を予防するために抵抗力を高める栄養素や成分としては、ビタミンAビタミンCがおすすめです。ウィルスは目や鼻腔などの粘膜から侵入します。ビタミンAはこの粘膜を強化する働きがあります。ビタミAの多い食品は、カボチャ、ニンジン、ほうれん草、レバーなどに含まれています。

またビタミンCはコラーゲンの生成に必要なビタミンです。コラーゲンは美肌づくりというイメージがありますが、血管や各種内臓にも分布していて、不足すると体の抵抗力がなくなります。コラーゲンの生成を促すためにはビタミンCが必要ですし、また発熱などするとビタミンCが消耗するので、風邪を予防するためにも、風邪をひいた時にもビタミンCを積極的に補給する必要もあります。ビタミンCは、レモン、オレンジ、イチゴピーマンやブロッコリー、ジャガイモ、レンコンなどに多く含まれています。

栄養がかたよらないようにバランスの摂れた食事を摂って風邪をひかないように気をつけましょう☆
          http://www.asukakai.or.jp/                                                       <栄養士>

去年の話でございますが少しお立ち寄りください・・・・。
 

去る12月25日(日)に2F通所リハビリフロアーにて行われました奈良フィルハーモニーのコンサートにアンジェロに入所されている利用者様が30名程鑑賞の為に参加して下さいました。プログラムを見ますとフルートやチェロにピアノの演奏をもとにこの日(Xマス)にぴったりの曲名(花のワルツ・Xマスメドレー・赤鼻のトナカイetc)が書いてありまして演奏が始まると手拍子や足でリズムを取る音が方々からチラホラ聞こえ参りました。知ってる曲が流れますと自然に合唱になっておりまして、ある利用者様から「あんたもほら!!唄って!」と声を掛けて頂き一緒に唄わせて頂きました。
 コンサート終了後自分のユニットに戻り感想を伺っているとある利用者様が「今日は楽しかったよ、今の季節にピッタリやね!!」と興奮覚めあらぬご様子でした。体を動かしたり手作業で何か作ったりするのも大事だと思いますが利用者様の五感に訴えかける様な文化的なイベントも大事やなぁ~としみじみ感じた1日でありました。
          

 http://www.asukakai.or.jp/

                                                                          をみなえしY