» 2010 » 7月のブログ記事

ボール投げ

3人での楽しいボール投げ

お昼のひととき、利用者様3人とボール投げをしました。手や足の反射神経の運動に良いと言われ、皆様真剣に頑張っておられました。

ボールを投げるたびに、「おっと」と言う掛け声と共に、眼が大きくなり必死な様子が伝わります。

それでも笑顔を絶やさずみんなで楽しい投げあいを。

3人皆様すばらしい反射神経でした。

<はぎユニット女性スタッフNより>

 

安全と備えある施設

当施設にはAED(自動体外式徐細動器)を2ヶ所(4階と2階ステーション)に設置しています。

いつどのように使用するのかを施設職員全員が把握するように講習会を7月21日と23日2回に分けて行いました。

取り扱いの映像約40分を見ていただきその後実際の講習を行いました。皆様の安全と安心を守る為どの職員も真剣に講習けていました。

年に2回程度(その他必要時)に行わせていただいています。次回は、防災訓練活動を行う予定です 

<防災・備品分科会>

こんにちは!

今日は、やまぶきユニットのN様の個別リハビリプログラムのうちの1つである、ボールを転がす足の運動をご紹介します。

①いすやベッドサイドに座った状態で、ボールの上に足をのせます。

②次に足部をコントロールしながら、ボールを床の上で前後左右に転がします。

足趾の把持力や足部周囲の筋の向上、またボールをコントロールすることで足の裏に感覚刺激をして、下肢の協調性を向上させることが目的です。

外反母趾や偏平足であることから、太ももなどの股関節周囲の大きな筋だけでなく、足部の小さい筋も一緒に鍛えてバランス向上を目指しています。

N様は、毎回とてもリハビリを熱心にされています。ニカッと見せていただく笑顔には、いつも元気をもらっています。

これからも、一緒にリハビリ頑張っていきましょうね☆

(理学療法士)

7月23日(金)午後より、富雄ジュニアハーモニーの来所音楽会。

 

今回、来て頂いたユニットは4階、あし、をみなへしユニット★19人もの小学生が元気よく挨拶をして、ユニットに来てくれた瞬間、あし・をみなへしの利用者様・・・涙☆涙☆涙☆

実は・・・拍手の練習してたんですが、拍手どころではなく涙☆涙☆涙☆

そして何曲も利用者様の為に、日頃から一生懸命練習してこられている歌を披露して下さいました。一生懸命大きな声で歌ってくれる小学生の姿に又・・・涙☆涙☆涙☆

綺麗なハーモニーを聞かせて頂き、涙が次々と溢れて止まらない利用者様を見て、スタッフも、もらい泣きをこらえるのに必死(>_<)

利用者様も一緒に歌えるように考えて練習して下さっていました。

歌を一緒に歌う時には、利用者様の横に子供たちが入って下さり、隣に小学生が居てくれ、歌どころではなく、ジッと目頭熱くし、小学生を見つめる利用者様も居られました。

そして先生の美声に一斉に鳥肌が立ち、感動☆ 

 最後にこの日の為に、あし・をみなへし利用者様が一生懸命、小学生の子供たちの喜ぶ顔を思い浮かべながら作った手作りウチワを1本、1本利用者様から、小学生に手渡ししました♪実は作る時から、「どんな小学生が来てくれるんかなぁ」「小さいやろなー」「女の子の方が多いかな?」「ひ孫と同じぐらいやなー」等、今日の来所を心待ちにされていた利用者様ばかりでした。

あし・をみなへしの利用者様と富雄ジュニアハーモニーのみなさん、最後に一緒に「ふるさと」大合唱♪涙☆涙☆の大合唱でした(*^_^*)

小学生の元気、パワーを貰って、また一生懸命な姿に触れ、心が温かくなった時間でした。

こんな機会をどんどんと持っていきたいと職員一同心に決めた1日でもありました。

追伸☆次の日の朝の話題は「昨日の小学生可愛かったな。今度いつ来てくれるんかな?」「昨日は良かった」「又、来てほしいなー」等、音楽会の話題で持ちきりでした(^-^)

富雄ジュニアハーモニーの皆様、この日の為に色々準備して下さったF職員さん、本当にありがとうございましたm(__)m

☆あし・をみなへしユニット一同☆

本日(7月25日)お誕生日のご利用者様!!
○様(女性) 87歳のお誕生日を迎えられました。
皆さんで「ハッピーバースデイ 」の歌を唄いお祝いしました。
スタッフよりメッセージカードを・・・♡
○様とても喜ばれ、涙・・涙・・・でした。
いつまでも、お元気で!リハビリ頑張って、一日も早く自宅へ帰りましょうね。

(うめ・やまぶきスタッフ一同より) 

 

7月25日(日) お陽さんのぎんぎんに照りつける 午後2時ごろから、2班に分かれて駐車場横の 〝アンジェロ畑〟へ散歩に行きました。

 帽子をかぶって、日傘をさして、タオルでほっかぶりをして、紫外線対策バッチリで出発!

 畑は、あお・あおと緑が茂っていて、とてもきれいでした。(‘朝顔’は暑さで少々お疲れのようでしたが)

 

 さくらユニットのご利用者様Tさん、わらびユニットのWさんとYさんが、職員の介助の下、畑の坂を上り下りされました。Tさんは、坂を下りて来られた時、「一生の思い出ができたわ。」と感激され、目に涙を浮かべておられました。            

 

 

畑には、トマトやきゅうり、なすび、にがうり、しそ等も、いろいろ実りが。。。 トマト、しそ、オレンジ色の花を少々頂いてきましたぁ。     ‘ひまわり’は、まだ咲いておらず、これから花をつけるのが楽しみです。   ユニットの窓から、いつ花が咲くのか観察してよーっと!(*^_^*)

 

ユニットに戻ってからは、冷た~いお茶で、脱水症予防! おやつの抹茶カステラも皆さんおいしく召し上がられました。

(さくら・わらびユニット)

デカトランプ

メガ・・デカ・・・トランプ

あしユニットを通行中に見かけたので、激写しました・・・ 大きなサイズのトランプを楽しそうにご利用者様がされておりました。が内容はOO抜き??なのか、女性ばかりでとても真剣な表情にも見受けられました。(笑)とても大きくて見やすいですが・・持ちにくそうでしたね。(笑)

                      <デジカメ通行人>

 

7月5日付けでご紹介した 『わらび』ユニットのご利用者様Yさんが、7月17日(土)に退所されました。 ☆『家族と一緒に暮らせますように。』☆ 七夕の願い事がかなえられました。

当日の朝は、朝食を召し上がられた後、いつもなら口腔ケア・排泄を済まされてから一度ベッドに臥床されることが多かったのですが、リビングへ戻られ、ご家族様のお迎えを待っておられました。ユニット廊下を歩いて来られた奥様の姿を見つけると、右手を振りならが満面の笑みを浮かべられました。

長男様も来られ、居室内の荷物整理・退所準備も整い、玄関先までお送りしました。 その途中で、奥様が「今日は‘大安’ですよ。」の一言に、「そうかぁ~。」と(*^_^*) 

梅雨が明け、快晴の空の下、入院・入所生活を終えられ、〝ご家族様との生活〟へと向かわれました。(目にうれし涙?を浮かべ。。。)

お元気で、奥様と仲良くお過ごしくださいね。又ショートステイでのご利用お待ちしております。

<わらびユニットスタッフ>

暑い夏に、‘清涼感のあるおやつ’をと、今回 『ミルクようかん』作りを さくらユニットのスタッフが企画してくれました。

 

7月18日(日)午前中に、さくらユニットはご利用者様Tさん、わらびユニットはWさんが、それぞれのユニットのキッチンのコンロ前に立ってくださいました。鍋に分量の水に顆粒ゼラチンを加えて煮溶かし、粒あん、牛乳を更に加えて混ぜ合わせました。 (この時、鍋肌が熱くなり火傷しないようにと注意していましたが、このお鍋は、熱くなりすぎず火傷することなく、ホッとしました。)

 

 

コンロより鍋を下ろし、かき混ぜながら粗熱をとり少しとろみがついてきたところで、数人のご利用者様にプリン型に流し入れていただき、冷蔵庫で冷やし固めました。 (ちゃんと固まってくれますよーに!と祈りながら冷蔵庫へ。。。)

 

 

午後のおやつの時間になり、冷蔵庫より『ミルクようかん』を取り出すと、ちゃんと固まってて、一安心。 次にプリン型より取り出すのですが、少々苦戦しました! プリン型をお湯に数秒浸してツルンと出てくると思ったのですが、なかなか出てこなくて大変でしたが、何とか、竹の笹(プラスティック)を敷いた菓子皿に盛り付け、 『ミルクようかん』 完成でーす!

味のほうは、甘さ・かたさも程よく、皆さん「美味しかったよ。」と、感想をいただきました。 (喜んで頂けてよかったぁ。\(^o^)/ )

 

また、手軽に作れ、季節感を少しでも感じていただけるようなおやつ作りを企画したいと思います。

(さくら・わらびユニット)

食中毒2

食中毒の勉強会開催    7月14日実施スタッフ勉強会

 感染症予防勉強会に引き続き、今月14日に食中毒予防勉強会を開催致しました。今回は、主な食品を中心に、発生しやすい食中毒の原因菌を紹介致しました。食中毒は一般家庭でも起こりえることです。

 

食中毒2

 

予防の基本は、手洗い・調理器具の消毒・食品の加熱です。 只今、食中毒の最も盛んな季節であり、厨房職員だけでなく、施設職員全員が知識向上をはかり、ご利用者様が安心して過ごせるよう努力していきたいと思います。

 <看護師Oより>