» 2010 » 6月のブログ記事

何かを作り上げるってワクワクしますよね。

自称下手の横好き・・・私も色々なものを作るのが大好きです。

自分で作ったものは、その時の思い出も重なって、とても愛着がありませんか?

今日は作業療法で作った作品を紹介します!

ネット手芸の作品です。
細かいネットに布団針とキラキラした糸で模様を刺繍します。

104歳(!)の利用者様。とても丁寧に作られます。
週1回、作業療法の約束を毎週しています。約30分の作業を約3ヶ月!

大きさ・配色・模様・組み立てなど相談しつつ悩みつつ・・・。

完成の瞬間二人で達成感につつまれました。

小物入れですハンカチを入れてみました細かい模様です

 

 

 

 

 

作業療法の「作業」は、自分が興味をもつ活動、好きな活動、そして自分にとって意味のある活動などを指します。

感覚、姿勢、手順、人数、時間、必要な空間、記憶力、判断力、役割等々、沢山の治療的な意味・要素がそれぞれの活動には含まれています。
これらを踏まえてその人が療法を行う目的・目標に合った作業を選び、その工程や要素に含まれる活動を利用して援助します。

介護老人保健施設で働いていて、日々の生活はその方それぞれの「作業」で組み立てられているなぁ・・・と感じます。

でも!むずかしいうんちくは抜きにして。

作品を作り上げる達成感はステキなのです。

これからも作品をご紹介します。

<作業療法士>

現在、アンジェロで行っているリハビリテーションでは、セラピスト(療法士)による個別リハビリテーションや集団リハビリテーションの他に、利用者様、個々の能力に合わせた自主トレーニングメニューを作成しています。

筋力や持久力の維持向上、歩行や運動の機会を増やすことなどを目的に、ユニット職員の方と一緒に又は時間の空いた時にお一人で行っていただいています。

筋収縮力は25歳前後がピークであり、65歳でピーク時の約3分の2になると言われています。そして、65歳以降毎年1~2%ずつ低下していくと報告されています。また、持久力においても加齢に伴い低下します。しかし、この低下は習慣的に運動を続けることによってある程度遅延させることができます。

自主トレを始めたことで筋力が向上し、歩行時の膝折れがなくなったり、立ち上がり動作が人的介助なしに、手すりのみで立ち上がれるようになったりした方もいらっしゃいます。

様々な運動ができれば、もちろん身体機能の維持や向上の為にはいいのでしょうが、長い時間の運動は高齢の利用者様にとっては負担となります。

その方の身体機能や認知機能、持久力や意欲に合わせたメニューを提供していく必要があると感じています。

そのためにも利用者様との会話が重要で、利用者様はどうしたいのか、どのようになりたいのか、私たちに何を望んでいるのか、話をすることでこの辺りを探り、メニューに反映させて作成しております。

これからも色々とお話を聞かせて下さいね。いつまでも元気でいて頂きたいので。

(理学療法士)

屋上で気分転換!!

                          6月28日(月

梅雨に入りここ最近、ジメジメとした天気が続きますね。。

まだまだ雨が続くようなこの季節。少し鬱陶しいですね。そんな気分も吹っ飛ばすくらいに、今日はいいお天気!!

窓から入る風よりも、外に出て風にあたって頂こうとおやつ後、日差しが落ち着いた時間を見計らい屋上へ繰り出しました!!気温は高く、暑かったですが、すっきりとした良い風が吹いていました。

到着した途端、職員が驚かされたのは、いつも冷静でおとなしいあしユニットのNさん!

扉を開けた瞬間、片足で車椅子を自走され屋上いっぱいいっぱいを動き回っておられました。

職員が「気持ちいですか??」と聞くと、満面の笑みで「はい!気持ちいですわ。ありがとう」とこちらまでウキウキ、ワクワクが伝わってきました。

ほとんどの方が阪奈道路を指差し、「あっちに行くとどこに行くの?」「こっちに行くとどこに行くの?」と会話が飛び交っていました。

ご夫婦でご利用されているNさん夫妻。お二人で景色を眺められ、仲良く手を繋いでおられました。いつまで経っても仲良しのお二人!!羨ましい限りです。。。

「よかったわ~ありがとう。また連れてって」と喜びの声たくさん聞けました!!ユニットに戻ってからは、水分補給、水分補給!!

みなさん、良い気分転換になった様です!! 

またこのような機会をつくりますね。

 <あし・をみなへしスタッフ>

落としちゃダメよゲーム!!      6月28日(月)

4階あし・をみなへしユニットでは、ゲームの達人職員Kさんのオリジナルゲームその名も「落としちゃダメよゲーム」を行いました。

トイレットペーパーの上に箱を置き、さらにその上にもう1つ小さい箱を置き、ジグザグになったテーブルの上を、箱を落とさずに引き寄せるゲーム!!

始めは地味なゲームだと話しておられたみなさんですが、2人で向かい合い勝負が始まると「わぁぁー!!」「頑張れ頑張れ!!」「おしいっ!!」など、白熱した勝負が繰り広げられていました。

ジグザグの障害を越えるのは、なかなか難しく残念ながら最後まで箱を引き寄せる事が出来た方はおられませんでしたが、慎重に慎重を重ねる方もいれば、勢いよく引っ張られる方もおられ、それぞれの個性が出てとても好評なゲームでした!!

優勝はあしのNさん!みなさんに拍手され少し照れ笑い。

さて、ゲームの達人職員のKさん。次回はどんなおもしろゲームを考えているのでしょうか・・・?わくわくです!!

(あし・をみなへし)

6月に各ユニットで、おやつレクリエーションとしてせんべい作りをしました!!

まず、利用者様に白玉粉と水で、しょうゆ、黒ゴマ、青のりの3種類の生地を作って頂きました。

うすくのばした生地はオーブンで加熱し、水分をとばしておきます。

そして、温めておいたホットプレートにおせんべいを並べ、利用者様にひっくり返して頂きながら、きつね色になるまで焼きました。

すごく香ばしい香りがしてきて、食欲が増してきす♪ 皆様、ひっくり返すのに一生懸命で、楽しそうにしておられました♪

おせんべいが、厚くなって堅くなったユニットもありましたが、手作りならではの美味しいおせんべいが出来ました☆

利用者様も美味しいと言ってくださり満足してくださりました♪

これからも、もっと利用者様に満足して頂けるようなメニューを作っていきたいと思っています。

                                             (栄養士)

皆様、こんにちは。をみなへし職員のYです。

アンジェロでは、来たる8/22(日)に夏祭りを予定しています。

その夏祭りに、職員から利用者様へ何かいいプレゼントは出来ないかな?と思いまして、私は皆にバンドをしたい!と提案したところ「いいよ、やろか?」と何人かの仲間が参加してくれることになりました。(無理にお願いした方もいてるんですけどね)

バンドリーダーは僕が務めます。

昨日6/27(日)に早速2F通所リハビリのフロアをお借りして、初練習しました。シフトの都合で全員は集まれませんでしたが、いざ音出してみると所々、間違ったり速過ぎたり、遅れを取ったりとテンポが掴めなく戸惑いはしましたが・・・。

やっぱりええもんですな!!!音楽は(笑)!

演奏する度に段々と形なっていくのが非常に良かったです。

7月は毎週日曜日の4時から練習をしていきます。利用者様の笑顔が見れる様にメンバー一同、全力で頑張りますので楽しみにしておいて下さい。

各ユニットや他部署には色々とご迷惑を掛けしますが、皆さんお力添えをお願いします。

上司の方からは、仕事でも同じくらいやる気を出せ!と叱られそうですが・・・。期待に応えれるよう頑張ります。

最後にメンバーへ。

誰かが抜けたり諦めたりすると成功しないと思います。お互いに励ましあい最後まで頑張っていいもの作りましょう!

 

 

紙相撲大会     6月26日(土)  午前中~

紙に書いた動物を、5人の利用者様に、一生懸命色鉛筆で色を塗ってもらい、ハサミで切り取って頂きました。 

しかし、図案が悪かったのか、職員の説明が悪かったのか、力士がしっかり立ってくれません☺

が、まだまだ諦めるわけには行きません。色々と試行錯誤しながら試していくと、足に紙を貼り付けて、立たせてみると見事に成功!!

土俵は、ティッシュの箱を利用して作成しました。

皆様、手で土俵を叩くコントロールがうまく、楽しまれました。

ただ、残念なのは、エアコンの風で力士が倒れてしまうので、引き分けになったりもしました。

利用者様の笑顔に囲まれてするレクリエーションは大変楽しいです。ご利用者の笑顔は、ケアワーカーの力の源です。

<はぎスタッフ> 

買物・おやつ作りレクリエーション                     6月26日(土) フルーチェ作り

午前11時頃に車で、近くのスーパーに利用者様(2名)とケアワーカー(2名)でお買い物に行きました。今日は、悪天候で雨の降る中でしたが、おひさしぶりのお買い物に利用者様も楽しまれ、買い物かごを片手に、支払いにレジまでも並んでいただき、無事に笑顔で施設に戻ってきました。

 

買って来たバナナと桃缶詰を包丁で切って頂きましたが、利用者様の包丁の手さばきはすごく、あっという間にでき上がりました。やっている姿を見ていた、他の利用者様が手を出してバナナを食べようとされる~ 

 

 

 

 待ちに待ったおやつ~! 「うれしいな うれしいな」っと言われ皆様のご協力でわずか30分ぐらいで出来上がりました。また作りたいなーっという声も聞かれ、おいしくみんなで食べました。  

<はぎ・あかねスタッフ>

6月22日(火)14:00から、わらびリビングで、6月1日より実習に来られている学生Yさんが、レクリエーションの実習として、一人で司会・進行を担当されました。

わらびユニットのご利用者7名参加して下さいました。

最初、少し緊張されていましたが、Yさんのゆったりとした雰囲気の中で、挨拶・体操・歌・手遊びが進んでいきました。

季節の話題、それに合わせた「あめふり」を皆さんと歌い、「かたつむり」の歌では、手遊びを交えながら。。。少し難しいようでしたが、Yさんの手本を見ながら、手を一生懸命に動かし歌ってくださいました。

皆さん笑顔で学生Yさんを見守るように、「ありがとう。」とお礼を言われていました。

これから先、ケアワーカーとして何か辛いことがあれば、今日の日を思いだして頑張って下さいね。

(わらびユニットスタッフ)

毎月、各ユニットごとで、入所者の方々にぜひ、知っていただきたい、口腔にかかわるお話をしています。

今回は、高齢者の肺炎で6割以上もしめている“誤嚥性肺炎”のお話をしました。

口腔細菌が原因で、発症する事を知って皆様ビックリ!!

その後の嚥下体操・訓練にも気合が感じられました。

最後に「りんごの歌」を皆様で楽しく歌いました。口腔清掃がいかに大事か、意識を持っていただけたことと思います!!

 <歯科衛生士>