» 2012 » 3月のブログ記事

 奈良の春を迎える最大の行事「お水取り」も終わり、本格的に「春!」と思いきや、寒い日もあり出鼻をくじかれた感じです。皆様お風邪などひかれていませんか?
ゆっくりしていたら4月が目の前に・・・慌ててしまいました。 今回は第3弾 訪問リハビリについて書きたいと思います。

「訪問リハビリ」 というサービスは全国的にも少しマイナーなものです。
中には、「いやいや、訪問してくれる理学療法士さんはよく見かけるよ」という方もおられるでしょう。でも、それは、訪問看護ステーションから派遣する理学療法士や作業療法士の場合が多く、私たちの業界では、「訪問看護7」と呼ばれます。背景には、現状では訪問リハビリは、診療所や老健からしかサービス提供ができない事が多く、実際提供の少ない訪問リハビリに変わる量を確保する為、という国の目的があります。ただ、訪問看護の一環として行うリハビリですので、体調に留意しながらの機能訓練等のみを行うことが多く、広義でのリハビリという視点が必要ではありませんでした。

今回の改正では、診療所や老健から派遣する「訪問リハビリ」の提供意義がはっきりしてきました。
今まで通院や通所ができない方を対象に考えられていた訪問リハビリが、通院通所ができていても、必要な方には訪問リハビリを提供する考え方が導入されたのです。訪問リハビリは寝たきりの人だけに提供されるものではありません。その方の自宅内動作の自立、また社会参加まで見据えたリハビリのあり方を考える必要があります。それを国が認め始めた、ということでしょうか。
実際、身体能力があっても、たとえば公民館まで行く、その道を歩くのが怖くて様々な集会に参加できず外出機会を奪われておられる方も多いようです。
そんな方にも訪問リハビリで外出機会を持つことができれば、その方の人生はどんなに充実するでしょうか?
ご自宅で調理などの家事ができたらどんなに楽しいでしょうか?
また、たとえばトイレで排泄する為に、家族が大変な思いで介助していたら・・・ご自宅で過すことも大変、と感じてしまうでしょう。
自宅の環境で具体的に動作の練習ができれば・・・ご家族に楽に介助する方法が直にお伝えできれば・・・ご自宅での生活は楽なものになるのではないでしょうか?
今回の改正の目玉の一つに、そういう家庭での介助方法、家庭での自立した生活などを見据えた訪問リハビリを評価する観点が盛り込まれました。訪問介護の職員との連携が評価されたのです。
今までももちろん、事業所間の連携は大切で、ケアマネージャーを介して実施されてきたことではありますが、今回は特に訪問リハビリと訪問介護の連携が示されたことで、訪問リハビリを提供する職員にも大きなモチベーションとなりました。もちろん訪問介護事業所の職員も同じだと思います。

 4月からアンジェロでは、老健から提供できる「訪問リハビリテーション」を実施させていただきます。在宅生活の支援に向けて、もっともっと力をつけたいと思います。

http://www.asukakai.or.jp/

 さて、今月もエレクトーンの演奏会が開かれました。

今回も先生の見事な演奏に聞き入っている方が大勢いらっしゃいました。

歌唱は、もうそこまで春が近づいているということで『春』にちなんだ曲がたくさんありました。

その中でも「は~るの~うら~ら~の~♪」の『花』は合唱を行い、皆さん一生懸命メロディーにあわせて練習。

短い時間の練習だったにも関わらず、きれいなハーモニーで歌うことが出来ました♪

ホント、歌を歌うと一体感が生まれますね
(*^▽^*)

その他も昔耳にした曲で、多くの方が口ずさんでいました。

 また肩こり解消をかねて『ソーラン節』を歌いつつ紐を持って腕を動かしました。

結構長い時間、腕を動かしていましたが歌を歌っているとあっという間に時間がたってしまいますね(^ー^) 

今月もとても楽しいひと時を過ごすことが出来ました♪

http://www.asukakai.or.jp/

遅くなりましたが、3月の作業活動をご紹介したいと思います(^^)

『紙粘土ストラップ』です♪

紙粘土なので好きな形に簡単に出来ます。

簡単に工程をご説明します。

 ①好きな形にした紙粘土にクリップを差込み乾燥させます。

 ②乾燥させた紙粘土に色を塗り、乾燥させます。

 ③色を塗った紙粘土にニスを塗り乾燥させます。

 ④最後に紐と鈴をつければ完成!

工程が何度もあるので直ぐには完成しませんが、少しづつ出来てくるのも楽しみです(^。^)

現在、ぞくぞくと完成してきています。

また、ご利用者様の完成品をご紹介できたらと思います(^▽^)

 

http://www.asukakai.or.jp/

さて、今月のおやつレクリエーションは

『イチゴ大福』です。では簡単に工程を
(^^)

①白玉粉に水と食紅をいれ適度な硬さになったらラップに包み電子レンジにいれチーン♪

②柔らかくなった白玉粉は適当な大きさに広げておきます。

③イチゴを白あんに包みさらに②の白玉の生地で包み完成!

結構大きな『イチゴ大福』が完成し皆さん大きく口を開いてほおばってました(*^ー^*)

「おいし~♪」「おおきいなぁ」「もっとちょっと食べれる」                        

など色々な感想がでてましたが、中には「実はイチゴ苦手・・・」とO様。

そのO様には『イチゴ無し大福』いわゆる普通の『大福(^^)』を召し上がっていただきました。

「おいしぃわ~」のO様の言葉に職員一同ほっ(^。^)

皆さんに楽しんでもらえたおやつレクリエーションとなりました。

 

http://www.asukakai.or.jp/

いつもご利用者のお話に元気を頂いたり、感心させられたりしています。なのに、いざどんな会話をしたか??と思い返すとすっかり忘れていることが多いです。がっかり・・・・
でも、何とか覚えている会話の中で今日のいくつか、ご紹介します。

90歳代のご夫婦H様。ご主人が肺炎で入院されたとの事。ご主人にくっついて通所に参加されていた奥様ですのでご主人が入院されたら一緒にお休みされるだろうと思っていましたら、わざわざ電話を下さって「私だけ行きますわね」
今日はお一人でご参加下さいました。「わざわざお電話有難うございます。ご主人のことはご心配ですね。」と声をおかけしますと・・・
「いえいえ、ご飯もしっかり食べてますしな。すぐに元気になると思います。私に、あんたはアンジェロ行っときや、と言わはったんで私きましてん。」と仰っていました。H様早くよくなって下さいね。

要支援のK様。介護予防の体操の時、今日はお天気もいいので外で、継ぎ足歩行や横歩きをすることになりました。他のご利用者をおいて、さっさと外に出られたK様は、一人でどんどん運動を始めて行かれました。あまりに早く終わったので、じゃ~ちょっと日に当たりながら歩きましょうか、と手をつないで歩きますと、「女の人と手をつないで歩いたなんて、おかあちゃんには内緒やな~」と、仰いました。 「あれあれ、奥様に内緒ですか~」と言いますと
「今日帰ったら・・・内緒やけど、きれいな女の人と手をつないで歩いたで~と言わなあきませんな~」と笑って仰いました。「内緒やけど言うてしまったら内緒とちゃいますやん」
運動終わって席に戻り、「おやつ召し上がります?」と声をかけますと、「さっき食べたのはおやつと違うんかな?」 もう、召し上がっていたんですね。「そうやっつ! (そ~オヤツ)」 (わかります??このダジャレ)とK様。 吉本行けますね~

今日もご利用者の皆様に元気をたくさん頂きました。有難うございます・・・

http://www.asukakai.or.jp/

平成24年4月からの制度改正についての第2弾は、通所リハビリテーションのことをお話したいと思います。

通所リハビリテーションのサービス提供時間(何時から始まって何時に終わるのか)については、ほとんど変更がありません。今まで、施設に滞在する時間が、1時間以上2時間未満のコース、3時間以上4時間未満のコース、4時間以上6時間未満のコース、6時間以上8時間未満のコースの4つのパターンだったのが、それに2時間以上3時間未満のコースが増えました。
ただ、実際サービスを提供している施設は6時間以上8時間未満 (朝10時くらいから午後4時くらいまで)のコースに絞っているところがほとんどと思います。
アンジェロの通所リハビリでも、6時間以上のコースを利用される方が多いのですが、これからは、3時間以上のコースや、1時間以上のコースをどんどん提供していこうと思います。

というのも、今度の改正では、全体的にリハビリ強化に重点を置いています。 通所リハビリテーションにも、よりリハビリの機能を強化した改正が行われることになるからです。

何か病気になってリハビリが必要になり、病院で理学療法士などが行う個別リハビリを一日1時間くらい受けておられたご利用者が、介護保険の通所リハビリを利用するようになると、理学療法士などの個別リハビリは、ほとんどの場合今まで一日20分程度になっていました。
医療から介護への移行がスムーズでない、という見解があり、もっと介護保険で個別リハビリが受けられるようにとの配慮から、今回の改正では1時間以上のコースに限って、理学療法士などの個別リハビリがたくさん受けられるようになります。
特に、入浴やレクリエーションなどが必要ないご利用者にとっては、通所サービス利用のチャンスが広がります。また、個別リハビリに強いニーズがある方にとっても使いやすいサービスの提供ができると思います。
そういった方がおられましたら、是非ケアマネージャーさんにご相談くださいね。

そして、今まで通所リハビリテーションはデイサービス(通所介護)と混同されることが多かったのですが、今回の改正で、役割り分担が明らかになってきたと感じています。

今まで以上に、より、「リハビリテーション」 を見つめ、必要とされるサービスを提供できるようにしたいと思います。

 

http://www.asukakai.or.jp/

2~3月にかけて、通所リハビリテーションと入所各ユニットでお雛様のちぎり絵をご利用者様とご一緒に作りました。
ご一緒に行ってくださった利用者様の頑張りのおかげで、とても綺麗なものが出来上がり感謝しています♪♪♪
そこで出来上がったお雛様を紹介したいと思います(^^)

【通所リハビリテーション】

【わらびユニット】 

 

 

 

【さくらユニット】

【あかねユニット】

 

 

【はぎユニット】

 

【をみなへしユニット】

 

 

【あしユニット】

  

通所リハビリテーション・入所各ユニットでデザインは様々ではありますが、すべてがとても丁寧に出来ており、フロアを明るくしてくれています♪ 

 ぜひ、アンジェロに来られた際には様々なお雛様を楽しんでみてください!!!

<クラブ・レクリエーション分科会>

http://www.asukakai.or.jp/

 

こんにちは。長い題名になってしまいました。
前回ブログにもありましたが、3月は年度末で、何かと締めの時期。各ご家庭でも色々変化があり忙しいにも関わらず、今年は介護保険制度の改正時期にもあたっています。特に6年に一度の医療保険と介護保険の同時改定であり、厚生労働省も県も市も忙しく・・・私たち末端の現場の人間だって大変です。それに、それに、4月からはご利用者の皆様に降りかかってくることでもあります。

今日は、制度の改正についてお伝えしたいと思います。もちろん、他のいろんなサイトでも同じ話が見つかるかも知れません。個人目線のちゃちゃも入れながら制度の改正を見ていきましょう。

まず、一回目  「介護職員処遇改善加算」です。
2008年にかなり有名になりましたが 「介護職員の給与は低く住宅ローンも払えない。何とかしてください。」という政府への陳情と同意する署名がたくさん集まったことはご存知でしょうか。その後、2009年から3年間の時限措置として、介護職員に対して国庫から給付金が交付されることとなりました。これは、事業所が介護職員の為に県を通して国に支給を申請する方式であり、支給を申請しない事業所もあるわけです。また、支給要件というのがあり、事業所の規模や、事業所の考え方によっては支給されないこともあり、実際支給額も事業所によって差がありました。 私は少し不公平な制度だな~と思っていました。勤めている事業所によって支給されたりされなかったり、されても支給額に差があるってどうなのか・・・仕方ないのかな?

4月から新設された介護職員処遇改善加算も、現状を引き継いだものではありますが、大きなことは、今まで全額国庫負担だったものが、その一部をご利用者の皆様もご負担いただくことになる、という点です。

介護職が関わっているすべてのサービスについて、ご利用金額の1.1%~4.0%をご負担頂くことになります。でも、これも、事業所によって3段階の区分があり、みんな一緒~と言う訳ではありません。また、この加算は介護職員の処遇改善の為に使われるもの、とされています。
ご利用者の中には、「利用額がいつも支給限度額目一杯なのに、こんなのがあると限度額オーバーするやん」 と思われた方もおられるかもしれませんが、この加算は支給限度額には組み込まないことになっています。
また、平成27年度(次回の改定)には、この加算を無くし、通常の報酬額に組み込めるようにする、介護職員処遇も給与ベースでの改善を見込んでいるとの事です。すなわち、ご利用サービス費が上がるって事でしょうね。ということは、これは支給限度額に影響するって事になるのではないのかな~って先走って考えてしまいました。 取り越し苦労ならいいのですが・・・

いずれにしても、権利を主張するばかりではなく、介護の専門職として相応しい人格と仕事のスキルを常に求め続けていき、ご利用者の皆様からもエールが頂けるように、日々精進したいと思います。

文字ばっかりで見難くてすみませんでした。 次回はもうちょっと文字を少なめにしますね。

 

http://www.asukakai.or.jp/

 やっぱり逃げちゃいましたね~「二月」
あっという間の3月です。 3月は「年度」で区切ることも多い日本人には一つの節目の月。
何かと慌しい雰囲気の中。今年度最後の月として、担当者奮闘しています!

3月1日、16日   恒例の映画会です。今月は古賀政男の名曲選・・・皆様には懐かしいメロディーのようです。

3月15日、21日  みんな大好き!おやつレクリエーションです。3月は「イチゴ大福」・・・あのイチゴ大福がこんなに簡単に美味しくできてしまいます。是非覚えて帰っていただいて、子供さんやお孫さんに作ってあげてください。きっと誰もが大好きなお味と思います。

3月19日      エレクトーン演奏会  いつも工夫を凝らして季節に合った曲を使った楽しみを提供して下さいます。お楽しみに

 

さて、3月の作業は、紙粘土で作ったストラップです。今日は写真はありませんが、なかなか可愛らしい出来栄えですよ。紙粘土で好きな形を作って色付けをして、ニスで固定しています。3月の担当者の工夫が一杯。2ヶ月ほど前から試作品を作っていました。皆さんも是非オリジナルな作品を作ってくださいね!!!

 

http://www.asukakai.or.jp/

2012年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031